たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  三鷹市 三鷹市


2019年06月08日

将来を心配しすぎな人は人生を損している

将来を心配しちゃっている人って多いけれど、僕から言わせるとそれは人生を浪費しているのと何も変わらないなと思います。

正直、人生は限られています。

それも数十年という単位でしか残っていません。

僕は今30歳を目前にしている20代なので、もう人生の全盛期は終わったと言っても過言ではありません。

ただ、この先のことを考えると、生きられるのはおそらく30年~40年というところではないでしょうか。

日本人の平均寿命を考えると、もう少し長生きできるかもしれません。

ただ、心配しすぎな人というのは、その残りの人生の約3割ほどを悩む時間に使ってしまうことがあります。

残りの人生の3割近くを悶々と悩んで苦しんで生活するなんてもったいないですよね。

心配することは重要ですが、やはりあまり考え込むのも時間がもったいないと言えるでしょう。

人生を無駄にしないためにも、過度な心配はやめて明るく生きるということが大切になってくるのではないでしょうか。

https://wlsj.jp/



  • Posted by バラ  at 21:10 │人生



    削除
    将来を心配しすぎな人は人生を損している